事業案内

確かな対応力でどこよりも頼れるパートナー企業です。

ホリエでは精密板金の多品種少ロット生産を軸に、機械加工、溶接加工のワンストップ生産を行っております。今まで培った技術と多彩な設備で他社ができない仕事にもチャレンジしており、多くのお客様より厚い信頼を得ております。近年では従来のような紹介での取引スタートだけでなく、インターネットからのアクセスにより企業様・個人様の両方から新規取引スタートが多くなっております。また、県外からも宅配便を利用した取引も増えております。

何かご質問等がございましたらご気軽にお問い合わせください。

 

ホリエの自慢

① 迅速な対応力…納期対応をはじめ他断られた製品も安心
② 多彩な設備…製品に合った加工が可能
③ 前向きな社員…平均年齢34歳、いろいろな事にチャレンジ中

 

ウォータージェット加工

所有している企業が少なく、存在は知ってはいるがなかなかお目にかかれない機械です。
ウォータージェットは水に粒子状のガーネットを混ぜて高圧噴射することで切断を行う加工機です。
レーザー加工機では切断の難しい素材(銅、アルミ、チタン)や各種樹脂、セラミック、カーボン、ゴム、複合材等々にも対応できます。

 

 

そんなウォータの特徴↓↓↓

材質を

選ばない

強化ガラス以外であれば切断可能
また、複合材も切断可能!

厚板加工

が可能

弊社のレーザーでは22㎜まで切断範囲だが、
ウォータでは100㎜以上の切断が可能(実績は140㎜)

熱影響

なし

他の切断器は溶断が基本なため熱影響が避けられないが、
ウォーターは水を使うため熱影響なし

 

ウォータージェットの弱み

加工スピードが遅い
少しずつ削るイメージなのでなかなか切れません
②レーザーに比べ寸法が出にくい
切断時に精度を左右するノズルも一緒に削れてしまうため精度が劣ります。
また、厚板の切断面はテーパーがついてしまいます。
より詳しく知りたい方は是非お問合せ下さい。